結婚式の招待状はこだわる必要がある|ゲストも嬉しい結婚式

新郎新婦

個性が溢れるボードにする

結婚

結婚式のウェルカムボードは、個性が際立つようにさまざまな工夫を施しましょう。顔写真やイラスト、メッセージ、アイシングクッキーなど、あらゆるウェルカムボードがあります。新郎新婦に適したデザインにすることが大切です。

» 詳細へ

イラストで楽しくお出迎え

新郎新婦

プロのイラストレーターに似顔絵を依頼してウェルカムボードを製作する新郎新婦が増えています。お互いの個性や職業などをイラストにデザインしたり、アニメやゲームの世界観をモチーフにしたりとさまざまな工夫が施せます。

» 詳細へ

小規模結婚式の魅力

ネームカード

最近では盛大に結婚式を挙げるのではなく、小さな結婚式で親族や仲の良い友人だけを招待するカップルが増えています。小さな結婚式なら食事やドレスにこだわることができるので理想の結婚式が挙げられます。

» 詳細へ

招待状のマナー

お花

結婚式を挙げる際は、招待客に招待状を差し出します。招待状には主に挙式の日時や場所、さらには新婚旅行の名前などを記載します。また、最近では招待状に式場での席を案内するケースが一般的です。近くに住んでいる招待客や親族には手渡しし、遠方の招待客には発送します。招待状を受け取ったゲストは、出席か欠席の意思を送り返します。招待客の返事を参考に、結婚式場の席や人数を決めることもあります。そのため、結婚式の招待状は挙式の二ヶ月前には発送しましょう。招待状にこだわりたい場合は、三ヶ月前から準備を始めると適切です。最近では招待状の製作を行なっている業者が増えているため、自分たちが納得できる招待状業者を探す必要があります。また、招待状にはこだわりを持つことが大切です。

招待状を送る際は、失礼のないようにしっかりと入念にチェックする必要があります。招待状を送付する際は、慶事用切手を使用します。また、返信用ハガキを付ける際も慶事用切手を貼りましょう。実際に送るときは、宛名や住所に間違いがないか、事前にチェックしましょう。漢字のミスや名前の間違いがあると招待客は不快な思いをしてしまいます。漢字がわからないときなどは事前に確認を入れると適切です。招待状は自分たちのこだわりを詰め込むことが大切です。最近ではさまざまなデザインの招待状が増えているため、個性を演出することもできます。また、イラストが得意の人は、デジタルを使って自分でデザインする方法もあります。招待客が式を楽しみにできるように、招待状にはこだわりましょう。ちなみに、似顔絵を入れたウェルカムボードなども流行っています。最近では心のこもった手作りにこだわる人が多くいるのです。結婚式にもこだわりたい場合は小さな結婚式を挙げましょう。